P

PRIDE

高品質低コストの追求コストパフォーマンスに自信あり

「コストダウンへの
取り組み」

コストダウンの取り組み取り組み01
個別発注で
中間マージンをカット

一般的な住宅メーカーの場合は、建築会社や工務店に一括発注することが多いのですが、この方法では中間マージンが発生してしまうので、その分どうしても販売価格が高くなってしまいます。そのため、東栄住宅では専門工事別に細かく個別発注し、中間マージンをカットしています。

コストダウンの取り組み取り組み02
工程管理で
品質と効率アップ

分離発注が優れているのはコストダウンだけではありません。専門工事別に徹底した品質管理・工期管理を行うことができるため、高精度な施工と、作業効率化による更なるコストダウンを同時に実現することができるのです。

コストダウンの取り組み取り組み03
分譲住宅日本一だからできる
スケールメリットで
単価を抑える

施工の前段階にあたる建材の仕入の段階でも徹底したコストダウンを図ります。長年にわたりメーカーと安定的・計画的に取引してきた実績と信頼関係があるため、直接交渉によって可能な限り仕入れ値を抑えています。供給棟数日本一だからできるスケールメリットにより仕入単価や工事単価を合理的に抑え、高品質でありながら、それでいて手に届く価格を実現しているのです。

一覧へ戻る