勾配天井とは?勾配天井のメリットと照明計画ポイント|住宅にまつわるコラム Column

勾配天井とは?勾配天井のメリットと照明計画ポイント

勾配天井とは?勾配天井のメリットと照明計画ポイント

部屋に開放感をもたらすことができる勾配天井。最近は、マイホームに勾配天井を取り入れている方も増えています。 勾配天井のメリットは、開放感の他にも数多く存在することをご存じでしょうか。勾配天井をうまく部屋に取り入れれば、より快適な生活空間を作ることができます。

そこで今回は、勾配天井のメリットと照明計画ポイントについてご紹介します。

勾配天井のメリット

勾配天井のメリット

「勾配天井」とは、屋根の勾配に合わせて傾斜を持たせた天井のことです。天井を抜いて高さを出すことによって、空間を有効活用することができます。

天井を勾配天井にする最大のメリットは、開放感を得られることです。同じ面積の部屋であっても、勾配天井を用いている部屋は自然と視線が上部に抜けるため、広々とした空間を感じることができます。

天井を勾配天井にすれば、部屋に高窓を設置することが可能です。 高窓は部屋に多くの自然光を取り込むことができるため、部屋全体が明るくなります。さらに、外からの視線を気にする必要もありません。プライバシーを保ちつつも、採光を取ることができるのです。

また高窓には、部屋の通気性を高めるメリットがあります。 通常、暖かい空気は上部へ、冷たい空気は下部へと動きます。高窓を活用して換気を行えば、暖かい空気を高窓から逃し、冷たい空気を下部に位置する窓から取り込むことが可能です。つまり、継続的に空気の流れを室内に生み出すことができるのです。空気の比重を利用することによって、効率的な換気が行えるでしょう。

照明計画ポイント

照明計画ポイント

勾配天井と相性が良い照明の1つとして、「ダウンライト」をおすすめします。ダウンライトとは天井内部に埋め込んで使用する照明のことです。天井面がフラットになるため、勾配天井のメリットの1つである高さを妨げることもありません。 さらに、ダウンライトは室内に雰囲気のある陰影を生み出すため、おしゃれな空間を演出することができるでしょう。

しかし勾配天井にダウンライトを設置する際は、照明の交換方法に注意する必要があります。最近はLEDライトが主流になりつつあるため、頻繁に照明を交換する必要がなくなりました。しかし、いずれは交換しなくてはなりません。 勾配天井に取り付けられたダウンライトは、自分で交換することが難しい場合があります。そのため、ダウンライトを設置する場合は、事前に照明の交換方法について把握しておくことが大切です。また、業者を呼ぶ必要があるときは、予算を聞いておくと安心でしょう。

勾配天井にはシーリングファンを取り付けよう

勾配天井にはシーリングファンを取り付けよう設

勾配天井を用いている部屋は天井が高いため、どうしても冷暖房効率が悪くなってしまいます。しかし、勾配天井に「シーリングファン」を取り付けることにより、冷暖房効率を上げることが可能です。

シーリングファンとは、室内の空気を循環させるためのファンのことです。ファンが回転することで室内の空気が撹拌され、室温のむらをなくすことができます。そのため、冷暖房機とシーリングファンを併用することによって、冷暖房効率を上げることができるのです。

また、シーリングファンを使用して冷暖房効率を上げることは、電気代の節約にもつながります。勾配天井の採用を考えている方には、室温調節ができ省エネ効果も期待できるシーリングファンの併用をおすすめします。

おわりに

勾配天井のメリットと照明計画ポイントについてご紹介しました。部屋に開放感を与える勾配天井を採用し、ゆとりのある生活空間を目指してはいかがでしょうか。

東栄住宅では、お客様のニーズに合った住宅をご提案しております。勾配天井を用いた住宅もご提供させていただいているため、ご検討されている方はぜひ一度ご相談ください。

【選ばれる理由】分譲住宅のイメージを覆す、魅力あふれるプランをご提供します!

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから