住宅にまつわるコラム Column

一戸建て購入前に知っておきたいキッチンの設備と収納

一戸建て購入前に知っておきたいキッチンの設備と収納

一戸建て購入前に知っておきたいキッチンの設備と収納

マイホームで生活をしていくうちに、「こんな設備が欲しい」「こういう形だったら良いのに」と思われる方もいるかもしれません。
特に主婦の方にとって、それほどキッチンは重要な場所なのです。

あらかじめ、どのような設備や収納があると使い勝手が良いかということを理解しておくのも良いかもしれません。
今回は、キッチンの種類や設備に関する情報をお届けします。

■キッチンの種類を紹介

・セクショナルキッチン
セクショナルキッチンとは調理台やシンク・コンロ台・収納棚等、それぞれ独立した部品を組み合わせて配置した厨房設備のことです。
繋ぎ目に汚れが溜まりやすいものの、コンロなどを取り替えるといった簡単なリフォームは比較的楽に行うことができます。

・システムキッチン
システムキッチンとは、シンクや調理台・換気扇・収納棚といったそれぞれのパーツを組み合わせて、天板と呼ばれる一枚の板で一体となったものです。
システムキッチンは繋ぎ目がなく作られていることが多く、綺麗な状態を保つことができます。
また、浄水器や食器洗浄乾燥機といった設備が組み込まれたものあります。

形は「対面キッチン」がオススメ

キッチンの形に関してオススメなのが、対面カウンターキッチンです。
対面カウンターキッチンとは、キッチンで調理や作業を行いながらでもリビングやダイニングを見渡せるつくりのことです。

開放感があるため、リビングをより大きく見せる効果があります。
家族とのコミュニケーションを取りやすいのも特長と言えるでしょう。

■話題のキッチンパントリーとは

話題のキッチンパントリーとは

キッチンにおいて、収納スペースの確保も大切です。
その一例として「キッチンパントリー(食品庫)」という設備があります。

常温で保存可能な商品や調味料を保管するためのスペースで、調理器具や調理雑貨を収納するためにも利用されます。
デッドスペースになりがちな部屋の角付近を活用し収納スペースが増えることによって、キッチンが広々と使えて片付けが楽になると話題になっています。

■床下収納もスペースを活かせる

床下収納もスペースを活かせる

パントリーと同様、スペースを活用する収納法として「床下収納」というものもあります。
日本では昔から、漬物や梅酒などの貯蔵場所としても利用されてきました。

デッドスペースを有効活用しやすく、使い勝手が良いのが特長です。
収納するものは、未開封の食品やビールといった飲料、そして缶詰が中心になります。
ただ利用する度に腰をかがめるため、頻繁に利用する食品などは避けたほうが良いでしょう。

キッチン周りの設備一つにとっても、見た目や使い勝手の良さが大きく変わってきます。
今回お届けした内容を見て、お気に入りのキッチンや収納法は見つかりましたか?

収納スペースなどを上手に利用して、使いやすいキッチンを手に入れてはいかがでしょうか。