グルニエとは?グルニエ(小屋裏収納)のメリットとロフトとの違い|住宅にまつわるコラム Column

グルニエとは?グルニエ(小屋裏収納)のメリットとロフトとの違い

グルニエとは?グルニエ(小屋裏収納)のメリットとロフトとの違い

住宅情報を収集している中で、「グルニエ」という言葉をよく目にする方も多くいるのではないでしょうか。 天井と屋根の間に位置するグルニエは小屋裏収納として利用できる他にも、さまざまなメリットが存在します。そのため最近では、グルニエを用いている住宅の注目が高まっています。しかし、ロフトとの違いがいまひとつ分からないため、どちらにしようかと迷っている方もいることでしょう。

そこで今回は、グルニエのメリットとロフトとの違いについてご紹介します。

グルニエとは?

グルニエとは?

「グルニエ」とは「屋根裏部屋」を表すフランス語で、天井と屋根の間のスペースを利用した小部屋を指します。

一般的にグルニエは収納スペースとして利用することが多いですが、高さや広さが確保できる場合にはさまざまな用途で活用することが可能です。また最近は、採光や通気などを工夫することによって部屋として利用している方も増えています。

近年、グルニエの活用方法は多様化してきていると言えるでしょう。

グルニエのメリット

グルニエのメリット

住宅にグルニエを用いる最大のメリットは、その空間をあらゆる用途で活用できる点にあります。アイデア次第で、生活空間の可能性を広げることができるでしょう。

多くの場合、グルニエは収納スペースとして利用されています。クローゼットに収まりきらない衣類や、クリスマスツリーや雛人形などの季節ものを収納する際にグルニエのスペースは役立ちます。 さらに、ただ収納するのではなく、棚や収納ボックスなどを使用することによって、グルニエをより機能的な収納スペースにすることが可能です。 しかし、夏の暑い季節は熱がこもりやすいため、温度や湿度に弱いものはグルニエに収納しないよう気をつけましょう。

またグルニエは、リビングなどの通常の部屋とは異なり、少し変わった形状をしています。屋根にそった形状をしていることが多いため、非日常的な空間を楽しむことができるでしょう。 隠れ家的なグルニエの雰囲気は子ども心をくすぐります。そのため、子ども部屋やプレイルームとして使用することもおすすめです。限られたスペースであっても、小さな子どもであればグルニエを有効的に活用することができるでしょう。

また、グルニエを趣味のスペースとして活用しても良いでしょう。例えば、ヨガが好きな方は、鏡やヨガマットを置いてヨガスタジオとして利用したり、映画鑑賞が趣味の方はシアタールームとして映画を楽しむことが可能です。ライフスタイルなどに合わせて、自由にグルニエを活用してはいかがでしょうか。

ロフトとの違いについて

ロフトとの違いについて

グルニエとロフトの大きな違いは、はしごが「固定式」であるかどうかにあります。

一般的に、ロフトは部屋の一部分を2階建てのように区切ったスペースを指していることに対し、グルニエは天井と屋根の間に作られたスペースのことを指します。どちらも部屋の上部に位置しているため、そのスペースに行くためにははしごを使用しなくてはなりません。

固定式のはしごが取り付けられているロフトに対して、グルニエに行くためのはしごは建築基準法において「固定式でないもの」と義務付けられています。そのため、グルニエに取り付けられるはしごには、取り外し可能なものや折りたたみ式のものなどが多く使用されています。

おわりに

グルニエのメリットとロフトとの違いについてご紹介しました。小屋裏収納として活用できる便利なグルニエは工夫次第で、さまざま用途で活用することができます。グルニエのスペースをうまく利用して、より快適な生活環境を作りましょう。

東栄住宅では、お客様の多用なニーズやご要望にお応えすることを大切にしています。グルニエを用いた住宅もご提供させていただいているため、ご検討されている方はぜひ一度ご相談ください。

【選ばれる理由】分譲住宅のイメージを覆す、魅力あふれるプランをご提供します!

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから